読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「君の名は。」を観て

普段、映画やアニメは全く観ないのですが

今回RADWIMPS(以下RAD)が音楽を担当しているということで、

数年ぶりに映画館に足を運ぶことに。

 

上映時間は約1時間50分ほど。

映画の感想はネタバレ等あるので、

映像と音楽についての感想になりますが

 

「映画のための音楽であり、音楽のための映画でもある。」

「想像以上の相乗効果」

 

簡潔過ぎて訳わからないですよね。すいません。

 

とにかく、楽曲が流れるタイミングと流れているときの映像が秀逸でした。

「前前前世」や「夢灯籠」は、曲調的にもっとアクションがある映画

に合いそうなのですが、不思議と映像と合っているんですよね。

 

おそらく、新海監督とRADがお互いに相手のことを想い

作品造りに寄与した結果なんじゃないかな。

 

今回映画に提供された4つの楽曲の歌詞を読むと、映画のために

捧げられた詩だとわかります。

普段RADの楽曲を聴いているファンの人は楽曲だけ聴くとピンと

こないかもしれないので、映画を観ることを強くおすすめします。

 

ちなみに歌詞のない楽曲もRADのメンバーが各々提供しているので、

ファンの人は誰がどの楽曲を作ったか、映画を観ながらチェックしてみてください。