読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「半径5メートルの野望」を読んで

はあちゅうさんの書籍「半径5メートルの野望」を読了した感想。

 

本の中には、

はあちゅうさん」いや「伊藤春香氏」のむき出しの言葉の数々が載っていた。

 

なぜ私より年下の女性の言葉にこれほどまで惹きつけられるのか

最初は自分でもわからなかった。

読了してその理由を考えた結論。

それは「彼女が特別な才能を持ち合わせていない凡人だから」だと思う。

(読ませるライティングのスキルは素晴らしいと思います。)

 

私は経営者の本を読むのが好きだけど、心の奥底では距離を感じながら

読んでいたのだと思う。あの人たちは雲の上の人たちだと。

何かを吸収したふりをして、全く活用してこなかった。

 

伊藤春香氏の本は距離感が近い。

内容のほぼ全てが真剣に生きてきた人たちにとって私事だと思う。

 

彼女は小さな努力を積み重ね、傷つきながら行動し続け成功をつかんだ。

まさに凡人にとってのベストプラクティスだと思う。

 

本の最後に書かれている伊藤春香氏のたった一つのお願い

「本を読み終えたら一つでも良いから行動を起こしてほしい。」

「感動した!」で終わらせないでほしい。

 

きっと、生きることと行動することは等しいのだと思う。

 

本の内容にはまた後日触れたいと思う。