読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進化と深化

先日の伊藤春香氏の書籍の感想の続き。

 

いろいろ書きたいことはあるのだけれど、

今最も書きたいと思った内容を一つだけお話します。

 

それは、書籍中に登場した「進化」と「深化」についてです。

 

これが、何を意味するかは以下の通り

進化:(自分から見て)新規の知識・マインドを取り入れること

深化:(自分から見て)既存の知識・マインドを探求していくこと

(おおむね間違っていないと思う)

 

なぜ「進化」と「深化」について書きたかったというと、

自分は「進化」の方を主に行ってきたが、

最近「深化」の方が必要なことに気付いたからだ。

もっと言えば、自分が考え実践し始めていたことに

秀逸なラベリング(さすが、コピーライティングの仕事をしていただけある)

をしてもらい、自分の行い始めたことに確信が持てたからだ。

 

私が会話をしていて頭が良いと思う人は、一つの物事を深くまで理解しているし

情報量も多い。こちらがどんな角度から質問してもおおむね的確な答えが返ってくる。

要は、知識やマインドを自分のものにしていると感じるのだ。

自分のものにするということは、

「知っている」から「活用できる」への転換だと思う。

 

今回は根拠のない私見を長々と書き失礼いたしました。